15歳未満の死亡保険取扱いを中止 オリックス生命 

オリックス生命は、満15歳未満の未成年を被保険者(保険の対象者)とする死亡保険契約の取扱いを中止する旨、決定した。

昨年7月に開催された金融審議会において、15歳未満の未成年者を対象とする死亡保険契約については1,000万円を上限とすべき、との意見が出された。

この上限設定についての意見は、強制力のあるものではないので、各保険会社の対応に任されている。今回、オリックス生命は他社に先駆けて死亡保障のある商品を対象に引受を中止することを決定した。

対象となるのは、死亡保障の開始が4月1日以降となる契約で、定期保険、終身保険など10商品。なお、死亡保障のない医療保険などの商品については現行どおりの取扱いを継続する。

H21.2.9

 

先進医療と医療保険

厚生労働省が認める先進医療の費用を保障する医療保険についての記事(←こちらをクリック)が平成21年1月25日(日)の日経新聞に掲載されました。

H21.1.26

医療従事者向け針刺し事故等による感染症補償

富士火災は、病院・医療教育現場での針刺し事故を補償する医療従事者災害補償プランを発売した。

針刺し事故によりHCV(C型肝炎ウイルス)・HIV(AIDSウイルス)に感染した場合、発病を待たずに所定の一時金を支払う、

また、同様の事故でHBV(B型肝炎ウイルス)に感染し発病して治療を受けた場合にも一時金が支払われる。

支払われる金額は、保険金額1,000万円の場合、

  • HIVウイルスに感染した場合、保険金額の100%(1,000万円)
  • HCVウイルスに感染した場合、保険金額の30%(300万円)
  • HBVウイルスに感染し発病、治療を受けた場合、保険金額の3%(30万円)

となっている。

 当面、契約者は病院・学校等の団体に限定、将来的にはインターネットを活用した個人向け通販を予定している。

 H21.1.14

年末・年始の営業について

平成20年12月30日(火)〜平成21年1月4日(日)まで年末年始休暇とさせて頂きます。

事故等の緊急のご連絡については、お名前と連絡先を記載したメールを info@risks.co.jp まで送信してください。担当者よりご連絡を差し上げます。

それでは皆様、良いお年お迎えください。

H20.12.29